第38回日本脳腫瘍病理学会 [The 38th Annual Meeting of the Japan Society of Brain Tumor Pathology] テーマ:脳腫瘍を分子機能形態学から診る

会期:2020年8月6日(木)・7日(金)、会場:帝京大学板橋キャンパス大学棟 講義室、会長:松野 彰(帝京大学医学部脳神経外科学講座主任教授)、副会長:宇於崎 宏(帝京大学医学部病理学講座教授)・渋谷 誠(東京医科大学八王子医療センター中央検査部教授)

第38回日本脳腫瘍病理学会 開催延期のお知らせ

新型コロナウィルス感染の拡大が懸念されておりますので2020年5月23日、24日に予定しておりました第38回日本脳腫瘍病理学会は下記の日程で延期いたします。

・教育セミナー 8月5日(水)
・学会 8月6日(木)、7日(金)

ご参加を予定されている皆様には多大なご心配とご迷惑をおかけし、心よりお詫び申し上げます。 なにとぞご理解と引き続きのご支援を賜りますようお願い申し上げます。

新型コロナウィルス感染症問題が1日でも早く収束することを願っております。

2020年4月15日

第38回日本脳腫瘍病理学会

会長 松野 彰

News

2020.05.07
採択通知を演題登録いただいたメールアドレス宛に送りました。
2020.04.15
教育セミナーの事前参加登録を開始いたしました。
2020.02.26
演題募集を終了いたしました。
2020.02.14
演題募集期間を延長いたしました。
2020.01.30
演題募集期間を延長いたしました。
2019.12.20
演題募集を開始いたしました。
2019.12.13
演題募集要項を更新いたしました。
2019.09.17
webサイトを公開しました。